※GOtoトラベル適用サービス→コテージ利用のみ

※地域共通クーポン→紙・電子クーポンともにご利用いただけるようになりました

Reborn - 生き返る場所へ

浅草から電車で1本、3時間。

 

特急が止まる無人駅

「中三依温泉」

(なかみよりおんせん)

降りてすぐ。

 

ここは日光最北端、会津西街道沿い。

 

東は 塩原温泉

西 湯西川温泉

南 鬼怒川温泉

北 湯野上温泉

 

・・に囲まれた土地。

 

ここに澄みきった空気と

おいしい水があります

 

サイダーゼリー色の川

タイムスリップしたかのような

静かな風景に、旅人いわく


THIS PLACE

Helped me feel REBORN’ 

after the chaos in Tokyo!Thanks


時代に取り残されているようで、

 

 縄文の時から人が暮らす

 

不思議な場所。

浅草駅から1本で行ける無人駅『なかみよりおんせん駅』の周りを囲う珍しい立地のキャンプ場※。電車を降りたら、バンザイ!身体をグーっと伸ばして深呼吸がしたくなる開放的な風景が待っています。

 

※浅草駅から1本で行ける特急リバティ会津は1日4往復ほど。所要時間約3時間。

無人駅に降り立った瞬間、空気の違いにハッとしてしまいます。山、川、木、草、虫、土・・。全身で、自然の恵をイタダキマス!とっておきは、サイダーゼリー色のおじか川。関東一級河川の中で、水質No.1※。安心して顔を水につけて遊べます。

 

※2018年の調査。国土交通省が管理する関東地方の1級河川141地点中。1位は鬼怒川の川治第1発電所前と男鹿川末流の2地点。

縄文時代から人々が住んでいた地域※。どのような暮らしをしていたのでしょうか。参覲交代の頃。戊辰戦争の頃。炭焼きが盛んだった頃。高原大根やソバの栽培が盛んだった頃のこと・・。散歩してみると、“じね~んと” の意味がわかってくるかも。

 

※中棒遺跡(現在、復元施設はなく、十割蕎麦・ロッジ古代村で土器など見られる)





みよりあそび

※川遊び→男鹿川、山遊び→芝草山、渓流釣り→みより渓流釣り場、植物園→上三依水生植物園