❏タイ古式セラピー(トークセン)について

トークセンとは…

 

タイ北部に伝統的に伝わる木槌療法(ハンマーマッサージとも)です。

 

トークセンは、木槌で張っている筋や腱を叩き、筋肉の緊張を早めにほぐし、腱をも緩ませるため、筋肉や腱だけでなく関節などの痛みにも効果がある施術法です。

 

また、トークセンはその独特な響きで精神をリラックスさせる効果があります。

 

痛みはなく、心地よい刺激でほとんどの方が眠ってしまいます。

 

本場タイでは、リラクゼーションではく、

治療院といった扱いで、痛みを訴える患者さんが次々訪れていました。

 

私事(代表・水品)ですが、

日本国内で病院や整骨院など3軒ほど回っても治らなかった手首の痛みが、

タイでたった1時間強のトークセンで治りました。

リラクゼーションのつもりだったので、手首の痛みは伝えなかったのですが、

「今、手首治ったよ~(カタコト)」と言われ、とても驚きました。

 

男鹿の湯では、あくまでリラクゼーションですが、

ぜひ体験していただきたいです!

 

温泉入って、トークセン受けて、そのままウトウト寝たいZZZ

という贅沢を実現するため、施術ルームを設置予定!

 

■トークセン

60分 6,000円

 

■ハーブオイルトークセン

90分 10,000円

※タイガーバームのようなものを塗って、血行をガンガンアップさせながら施術します

(かなり匂います!衣服にも付きます!でも、癖になると思います)

 

 

どちらも、そのままお布団でお休みになれます。