コメント: 13
  • #13

    手塚 康男 (水曜日, 23 8月 2017 18:59)

    TV拝見しました。素晴らしいですね。私は日光市の生まれで、今は
    宇都宮に住んでますが、若い頃はよく三依などに山菜やキノコを採り
    にいきました。帰りには美味しい蕎麦を食べて帰ったことを思い出します。いわゆる山紫水明ですね。どうでしょうか。温泉、そば、景色に山菜・きのこを提供しては? 山菜・きのこなどは塩漬けすれば何年か使用できます。きっと都会の人とか外人さんが喜びますよ。また、手打ちうどんに乳茸などのツユは最高です。近所の年寄りの方に聞いてみてください。新しい名物を作ってください。
     馬ブドウ酒やオトギリソウ酒などは、切り傷・刺し傷などに効果
    覿面ですので、旅人などに喜ばれるでしょう。
     さらに山椒のおにぎりなどは最高ですよ。山の幸と川の幸を満喫
    してもらうのも、一興でしょう。
     私も一度行ってみたいですね。失礼しました。それでは。

  • #12

    うちだ (火曜日, 22 11月 2016 09:43)

    今朝の地震は結構大きかったけど、温泉に影響はなかったでしょうか?冬季休業前に雪が降ったら雪見風呂に行くつもりなので気になります。11月24日なんて雪が降りそうでいい感じかな?

  • #11

    Kurry (木曜日, 17 11月 2016 12:36)

    こんにちは
    突然ですが「「休日野外生活」日記」と言うブログをご覧ください
    貴温泉とキャンプ場が紹介されています

    厳しい意見も記載されていますがキャンプ場に関してはなかなかの意見が書かれていて参考になると思います

    私は今年一度だけ男鹿の湯にお伺いしただけですがとても中三依に魅了されました ビジネスとしての温泉経営はとても大変だと思いますが、最高の温泉と言う武器を全面に出してキャンプ業界でも頑張って下さい!

  • #10

    大木 力雄 (木曜日, 17 11月 2016 01:54)

    私の母親と6歳と3歳の子供で11/5にケビンで宿泊したものです。この3人のお守りをしての宿泊でしたが、子供たちは2階建てのケビン内で大はしゃぎ、高齢の母親も特に問題なく宿泊できました。

    特筆できる点として、まずやはり温泉でした。あまり熱くなく、子供や高齢者に優しい温泉でした。

    2点目におじか食堂です。お蕎麦は予想通り美味しかったのですが、その他のポテトフライ、ピザも大変美味でした。普段小食の子供達も、美味しいと食が進んでいました。おじか食堂は相当な「売り」になると思いますよ。(母親の誕生日のコメントはとても喜んでいました!)

    3点目にバーベキューハウスです。とても立派な設備で、アスレチックと隣接していたのも、幼児連れには嬉しかったです。

    4点目は紅葉です。帰りに塩原を通りましたが、塩原より全然綺麗でしたよ。これにはあちこち旅行して綺麗な風景を見慣れている母親も、感激していました。

    立地的に鬼怒川から近いので、十分にブレイクする可能性がありますよ。
    お若い経営者様なのでびっくりしましたが、そういう方にしかやれないことが多々あると思いますので、今後も是非精進されてください!


  • #9

    じょばんに(^^;)@売れない田舎の鉄道写真家 (月曜日, 10 10月 2016 21:58)

    こちらの施設のそばを走っている野岩鉄道 会津鬼怒川線も
    今年の10月で開業30周年を迎えました。

    2年間休館中だった男鹿の湯も開業30周年の節目のちょうどいいタイミングでの復活し、温泉施設がなかった中三依温泉の駅も正真正銘の《中三依温泉駅》
    となった・・・。

    来年の春には、東武鉄道に特急スペーシアに加えて新型の特急電車も登場。
    会津鬼怒川線と会津鉄道を通って浅草から会津田島まで直通の乗り入れも
    決定しており(中三依温泉駅に停車してくれればありがたいんですがね・・・)
    地域活性化と鉄道利用者促進の為の1施設としての役割として
    皆様に末長く愛され親しまれる事を節に願っております・・・。

    先日、娘と2人で列車に乗って入浴に訪れました。
    あったか〜い温泉ももちろん良かったのですが、帰るときに
    沙紀さんの《お帰りなさ〜い》の一言が、
    心をあたたかくしてくれたのか?。

    温泉(公衆浴場といった方がいいかな)が苦手な娘も
    帰りの列車の中で《いい温泉だったね・・・》と終始笑顔でした。

    来年の夏に東武の鬼怒川線(下今市ー鬼怒川温泉)にこれまた
    懐かしい蒸気機関車(SL)の復活運転が始まり
    (東武鉄道SL復活運転プロジェクト→http://www.tobu.co.jp/sl/)ちょくちょく写真を撮りに来る事もあるかと思いますので
    そのとき帰りに足を伸ばして、温泉入浴に寄らせていただこうかと
    思っておりますのでよろしくお願いをいたします。



  • #8

    増渕 浩一 (月曜日, 22 8月 2016 20:05)

    8月16~17日に娘と二人でキャンプサイトを利用させて頂いた者です。
     台風も近づいている為かテントサイトは私のテントだけでした。娘との初めてのキャンプでこちらを利用して良かったです。良い温泉もあり楽しめました。
     夜には若女将の沙紀さんでしょうか?台風を心配してくださりわざわざテント前まで来ていただきお声がけして頂き、「雨風が強くなり避難のために蕎麦道場の入り口のカギを開放しておきますね」と利用者にとってはありがたい配慮でした。
     幸い台風の直撃も受けずに楽しいテント生活を送れました。
     また、機会があれば利用したいと思います。
     お世話になりましたm(__)m

  • #7

    市川単車 (木曜日, 18 8月 2016 10:16)

    8月10日(水)に,奥日光バイクツーリングの途中で寄り道しました。ゆったり温泉と,注文してから打ってもらった美味しいお蕎麦で,まったりとしたお昼の時間を過ごしました。ご馳走さまでした。
    今度は天ぷら付きで食べてみましょう。

    外に出て空を見れば,夏の雲が流れて,緑あふれる山裾を見れば,すれ違う野岩鉄道がのんびり走っていました。今度は紅葉の季節に,ぜひケビン宿泊で来たいものですね。
    バイクグループのツーリングには最適な宿泊スポットだと思います。もちろん休憩にも。

    大量の蝉の声に見送られて,湯西川から霧降高原を走り,小学5年生の林間学校以来の,約50年ぶりの霧降の滝を見物し,渡良瀬渓谷の草木ダムを見て帰りました。優雅な夏のツーリングでした。
    お世話になりました。

  • #6

    電車で来た親子連れ (月曜日, 08 8月 2016 18:05)

    土曜日に1泊でお世話になりました。
    車が無いため、駅から近いロッジを探しておりました。

    ロッジには、調理器具・食器、電気ポッド、電子レンジなど一通り揃っていて、またレンタル浴衣・タオルは電車で移動する我が家にとっては、荷物を少なくすることができて助かりました。

    息子は、すぐ近くの清流での遊び、帰りに寄った東武ワールドスクエアがとても楽しかったようです。
    私自身は、温泉を堪能させていただきました。
    食堂のお蕎麦もとても美味しかったです。

    また、是非お世話になりたいと思っております。

  • #5

    ソロキャンパー+1名 (月曜日, 01 8月 2016 15:53)

    7/28(木)にテントサイトを利用させていただきました。
    当日はまさにキャンプ日和で三依の自然と男鹿の湯を満喫させていただきました。
    森から聴こえる数種類の鳥の鳴き声もホント素敵でした。
    そうそう、噂のマッサージチェア、相方もお気に入りの様子でしたよ(^^)
    そして若女将の沙紀さんの素敵なおもてなし、ありがとうございました!

    以下、キャンパーさんへのミニ情報。
    ・サイトへはギリギリまで車での乗り入れ可能ですので荷物の出し入れが楽でした。
    ・トイレはそば打ち体験道場に水洗式和式のものがありますので安心でした。
    ・サイト付近や森には倒木や枯れ木が散在してたので用意した薪は使いませんでした。
    ・綺麗な屋根付きの炊事場があり飲水もOKで冷たくて美味しかったです。
    ・ゴミは各自持ち帰りです。帰る時には来た時よりも綺麗にですね(^^)

  • #4

    ろすたいむ (月曜日, 02 5月 2016 02:25)

    本日(5月1日)、お邪魔させていただきました。
    美味しい食事と、きれいな景色、そしてたっぷり湯量の温泉。
    日曜の午後、のんびりと過ごせました。
    湯上りのマッサージチェアもなんと無料!
    最新式も導入予定との事。
    まぁ、何はともあれ、沙紀さんの最高の笑顔のおもてなし。
    とっても癒されました。
    今度はバイクで伺いたいと思います(未定ですが)

  • #3

    (^-^A (日曜日, 24 4月 2016 18:07)

    はじめまして。水戸の温泉ダイスキ人です。鬼怒川←→塩原 行くときに、男鹿の湯に浸かりました。中三依の山里の風景が癒されます。また、近いうちにお邪魔します。

  • #2

    山爺 (火曜日, 19 4月 2016 17:52)

    開湯、おめでとうございます。
    登山後の温泉は、絶対に外すことのできないものですよね。しかし、「男鹿の湯」近くには良い山があっても宣伝が少ないのか、整備されてないので宣伝しないのか分かりませんが、残念な気がします。例えば、荒海山だと栃木方面から行く場合、わざわざ福島県から入山します。温泉は「夢の湯」に入ります。なぜって、汗をかいたら誰しも直ぐにさっぱりしたいですよね。三依地区から荒海山に行けるようになれば「男鹿の湯」に必ず寄ると思います。荒海山だけなら登山客も少ないと思いますが、近くには塩沢山(看板が小さくて分かりづらい)、三依山、持丸山等々、良い山があると思います。釣り、山菜、キノコなども売りにして良いのではないでしょうか。
    珍しいから行く、女将を見に行く。ではなく汗を流したい、身体を綺麗にしたいなど自然体で客が呼べるといいですね。
    老婆心ながら一筆啓上しました。失礼に当たりましたらお許しください。

  • #1

    Y・S (日曜日, 17 4月 2016 19:27)

     今日(4月17日)下野新聞の県北・日光版拝見しました。
    まずは、近いうちに日帰りで温泉に入りに行きたいです。
     これから、ご苦労も多いと思いますが、体に気を付けて頑張って下さい。